腕の筋肉をゆるめたら肩甲骨が動いた – ストレッチな日々 – シニア応援ストレッチ専門店 アゲイン (旧ごきげんストレッチ)

日々のセッションでは様々な発見がありますが、



昨日は、新たな発見が!



左肩の不調がずっと続いているSさま



重いドアを押すときでさえ痛みが出てしまっています。



うつ伏せ時、左肩甲骨が動きません(°д°;)



そういえば!



ご来店時にSさまは、



ゴルフのとき、とある動きをしたいとおっしゃっていました。



手の平を上にして、肘を固定した状態でスイングしたいという希望でしたが、



スイングしたときに肘が動いてしまうのは、



ある筋肉の硬さを補うための代償動作であると思いました。



で、そのある筋肉とは?



と考えていくと、



思い当たるのは、腕橈骨筋です。



腕橈骨筋をゆるめたら代償動作がなくなるはず。



といった思いもあり、うつ伏せで肩甲骨が動かないSさまの腕橈骨筋をゆるめることにしました。



が、そのときのSさまのもだえようと言ったら、



子供のように足をバタバタさせて、痛い、痛いと連発します。



普通に腕橈骨筋をゆるめているのに、



これほどの痛みが出るということは、



Sさまの腕橈骨筋が相当な疲労をためこんでいるという証左です。



疲労をためこんだ筋肉は硬くなり、



硬くなると老廃物がたまり、



老廃物がたまると痛み物質が発生するからです。



で、痛いと言っても何といってもかまわずゆるめていると、



なんと!



頑固に動かなかったSさまの肩甲骨がくにゃんとゆるんでいるではありませんか?!



正確に言うと、



Sさまの腕橈骨筋つながりで上腕三頭筋もゆるめていました。



このときも痛い、痛いと足をバタバタし続けていたのですが。。。



つまり、



腕の疲労たまりまくり筋肉をゆるめたら肩甲骨が動いたということなのですが、



上腕の筋肉は肩甲骨につらなり、



前腕の筋肉は上腕骨につらなるので、



全部つながっているのということです。



つながりを意識した施術、



大変効果がありそうです(o^-‘)b


画像の説明

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
パーソナルトレーナー
腰痛改善トレーナー
玉生かおり(TAMANO Kaori)

シニア応援ストレッチ 
腰痛改善ストレッチ

〒169-0073
東京都新宿区百人町1-18-11西川ビル301

03-6364-0236

シニア応援 腰痛改善
ごきげんストレッチには
「中野、百人町、北新宿、西新宿」からも
お越し頂いております。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です