重症の五十肩のお客様のご来店 – ストレッチな日々 – シニア応援ストレッチ専門店 アゲイン (旧ごきげんストレッチ)

画像の説明


今まで多くの五十肩のお客様にお会いしてきましたが、


こっ、こっ、これは重症だ((((((ノ゚⊿゚)ノ


というお客様(Tさま)がご来店くださいました。


Tさまの場合、腕を少し動かすだけで


ビキーッ


と飛び上がるほどの痛みが走ります。


できるだけ痛みを出さずに痛みの箇所に血流を送り込むようにする


が、痛みを持ったお客様への私の対処法なので、


Tさまが心地よく施術を受けて頂く方法をさぐりながらの施術になります。


痛みのある部分は、血流が悪くなっているので、必要な酸素や栄養素が届かず、


ごみだめようにどんどんどんどんごみ(痛み)が積み増していくので


もうわけがわからないほどあちこち痛い!


重症な病気ではなかろうか?!


と不安は増すばかりかと思いますが、


こんごらがってしまった糸も


少しずつほぐしていけば、元のまっすぐな糸に戻るように


流れが滞っているパイプの内側をきれいにお掃除して流れをよくするように、


痛みから遠い箇所からアプローチしていきます。


Tさまの場合、拇指内転筋(手のひらの筋肉)にもかなり強い痛みがありました。


前腕もかなり回内しています。


ということは、


腕橈骨筋もかなり硬いでしょう(o^-‘)b


と予測すると、


案の定、


いってーーっ!


と悲鳴を上げます。


五十肩の方は、もれなく肩甲胸郭関節が硬いので、


本来は、肩甲骨をがんがん動かしたいところですが、


Tさまの場合、肩甲骨を動かしやすい位置に腕をもっていくだけで痛みがでてしまう、


背中の脂肪が邪魔をして肩甲骨も動きにくい


という、難しいコンディションなので


手のひら、腕のマッサージの十分行うことで、


少しずつあちこちの痛みをとることにしました。


不思議なことに


腕がほぐれ始めると、


足がポカポカしてきたとのこと


ということは、


五十肩で下肢の血流をも悪くしていたということです。


全身はつながっていますから、


不調箇所の修復には、全身が一丸となって頑張っているということですね。


一回で、はい、腕があがるようになりました!


とは、なりませんでしたが(#^.^#)


この調子でいけば、腕がよくなる


と実感されたTさまは、近くご予約の予定です(o^-‘)b


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
パーソナルトレーナー
腰痛改善トレーナー
玉生かおり(TAMANO Kaori)

シニア応援ストレッチ 
腰痛改善ストレッチ

〒169-0073
東京都新宿区百人町1-18-11西川ビル301

03-6364-0236

シニア応援 腰痛改善
ごきげんストレッチには
「中野、百人町、北新宿、西新宿」からも
お越し頂いております。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です