内転筋が使えないと腰痛になる? – ストレッチな日々 – シニア応援ストレッチ専門店 アゲイン (旧ごきげんストレッチ)

今日のカテゴリは


腰痛です〜γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ


パチパチパチ


って、腰痛記事には張り切ってしまうのですね〜( *´艸`)


さて、今日は、内転筋の機能OFFから起こりうる腰痛についてまとめてみます(o^-‘)b


内転筋とは、


文字通り股関節を内転する、つまり、脚を内側に閉じる筋肉です。


で、脚を閉じる筋肉があれば、脚を外側に広げる筋肉もあり、


筋肉というものは、


常に、内側と外側、右と左、表と裏の間でせめぎあうものです。


このせめぎあいを程よいところでバランスをとることがボディコントロールというものです。


さて、「今日は右腰が痛いです〜」


とご来店されたランナーのIさまでしたが、


ご帰宅時には、


腰、良くなっています!に変化しましたヾ(@°▽°@)ノ


Iさまの腰痛の原因筋は、大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)でした。


だいたいきんまくちょうきん


なんだか、お殿様のような立派な筋肉名ですね。


そんなお殿様いないって( ;∀;)


で、なぜIさまの大腿筋膜張筋が硬化したかですが、


内転筋が大腿筋膜張筋に負けて、大腿筋膜張筋を使い込んでしまっている、


という原因が考えられます。


太ももの外側と内側で、内側が負けているのですね。


股関節の場合、外が強いので、内が負けやすいのです。


なので、意図的に内転筋を鍛えないと内側が負けっぱなしで、腰痛を再発させてしまうリスクが残ってしまいます。


内転筋を鍛えると書きましたが、


ストレッチで十分です。


内転筋を使えていない人は、内転筋が機能OFFしていますので、


機能ONにするためには、ストレッチで、もしもし〜、起きてくださいね〜


と刺激すればよいのです。


開脚とか


股割り


をすれば十分ですよ。


内転筋が機能ONするといいこといっぱいヾ(@°▽°@)ノ


その点については後日また書きます〜


画像の説明


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
パーソナルトレーナー
腰痛改善トレーナー
玉生かおり(TAMANO Kaori)

シニア応援ストレッチ 
腰痛改善ストレッチ

〒169-0073
東京都新宿区百人町1-18-11西川ビル301

03-6364-0236

シニア応援 腰痛改善
ごきげんストレッチには
「中野、百人町、北新宿、西新宿」からも
お越し頂いております。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です