2か月ぶりにDRTをうけにいってきました!

今回の主な目的は、

危険な一人DRTでくずしてしまった骨格バランスを整えて頂くこと。

一人DRTって何を?

側臥位になって、カッサで、ずれているっぽい自分の腰骨をぐいぐい下方に押し込んでみました。

それって、DRTって言わないでしょう( ;∀;)

翌日、すごくカラダがだるくなりました。

DRTで背骨に直接コンタクトしてはいけない理由がよくわかりました。

DRTの予約日までずっとだるかったらいやだなぁ、と思っていたのですが、

今朝はすごぶる元気でした!

無茶しても回復力のある自分がすごい。。。

さて、治療院に到着して、

検査して頂いたあと、DRT施術へ。

途中で、

あっ、エネルギー使っている、

と思いました。

ずれている背骨のところで、先生の手がしばしとまっています。

エネルギーで骨を定位置に戻しているのがわかります。

DRT上級の先生は、すごいことをします(*’▽’)

施術後、ふわっとカラダが軽くなっています。

DRTの上手な先生は、骨を硬いものと思っていません。

骨を硬いと思う(イメージする)と、施術者の手に力みが入り、

その力みが受け手に伝わり、カラダがゆるまない、ということが起こります。

カラダがゆるまないと自然治癒力が発揮できないので、DRTの効果が出ない、ということになります。

エネルギーを使う、ということも、骨が柔らかいとイメージしているからできることだと思います。

今日の先生も、人間的にも柔らかくて、常日頃から修行されているのだろうなぁ、という雰囲気がありました。

私がDRTに惹かれる理由の一つは、

DRTを極めようとすると、人間的向上を伴わなければならないから、です。

修行っぽいことが好きなのですね(#^^#)

今日は、回数券も購入したので(^^)v

しばらくDRTの先輩の施術を学ぶために修行&治療しようと思います!

 

 

 

 

 

 

Follow me!