パソコン、ゲーム、携帯などの使用による、うつむき姿勢の長期化により、現代人はいやが上にも首を酷使しています。

特に、首・肩の筋肉が少ない女性は、重さ6キロもの頭を細い首で支えていますので、予想以上に首にかかる負担が多く、首コリの習慣化によって、不定愁訴と呼ばれる数々の不調を生むという研究結果も発表されています。

デリケートな首には、ソフトな刺激で首の筋肉の柔軟性を取り戻していきます。

冷え、ほてり、生理不順、便秘、イライラ、うつ状態といった、女性に現れる症状の数々は不定愁訴と呼ばれています。

これらの症状は、自律神経失調症の症状ですが、これまで、決め手となる改善方法が確立されていませんでした。

しかし、首コリと自律神経失調症の関係性が医師によって最近明らかになるにつれ、首コリの解消が、辛い症状の消失と多いに関係があることが判明しています。

これらの事実を踏まえ、自律神経失調症の改善をお約束するものではありませんが、少しでも改善に向けて、首コリ改善のお手伝いをさせて頂きたいと考えております。