先日いらしたお客様から

「霊障医学(って本)知っている?」

と聞かれてから、

気になっていた『霊障医学』が届きましたヾ(@°▽°@)ノ

読んでいますが、

ゴイスーおもしろいです。γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

って、おもしろく読む本じゃないのかな?(*^.^*)?

上記お客様から

「霊障ってある?」

とも聞かれて、

「私はあると思いますよ。」

とお答えしたのですが、

霊障はあると考えています。

ただ、恐れる必要はないとも考えています。

以下、興味深い箇所を抜粋します。

 

軽度の症例は、表層である身体に取り憑き、軽度の症状を引き起こしながら、心の霊障に種を差し込みます。

やがて心の霊障が発芽して育っていくと、中度の霊障症状を起こしながら魂に霊障の種を宿します。

楽しいに霊障が育つと心にも霊障の症状が現れて、心身症や精神病がどんどん悪化し。。。

 

霊障は、カラダ → 心 → 魂の順番に深くなっていくのですね。

深くなればなるほど、その人の人格と一体化してしまって、どこからどこまでが本来のその人なのか見分けがつかなくなりそうです((+_+))。

癖が強すぎる人、自己中が全面に押し出されている人、言動が首尾一貫しない人、などを霊障の影響かも?

と考えると、その人への新しい理解が生まれそうです。

霊障病にならないためには、

食養生や生活養生で大丈夫みたいです。

できるだけ少食で(おすすめは玄米)、肉はNG、早寝早起きで太陽の光をいっぱい浴びる、感謝の気持ちを持つ、

↑ こんな感じの生活スタイルだと、憑依されにくいそうです。

ニンニク、ショウガ、唐辛子、梅干しは霊障治療を助けてくれる、ともあるので、

ショウガの味噌漬けでも作ろうかしら?

と思ったのでした。

面白い本なので、

また、抜粋するかも、です(^_^)v

 

 

 

Follow me!