ブログテーマの候補が三つあり、

どれにしようか迷っています。

全部に触れてもいいのですが、

タイトルをどうしよう?

などと些末なことにこだわっていたりします(#^^#)

とりあえず、1つ目ヾ(@°▽°@)ノ

趾(あしゆび)にトラブルのあるお客様が続いたことについて、

M様(40代女性)とT様(60代男性)

お二人とも、足裏前方の中足骨あたりにトラブルがあります。

ソース画像を表示

外反母趾を含めて趾トラブルがない人はいない、というほど、多くの人が趾にトラブルを抱えていますが、

その原因は、どこにあるかというと、

私は、

ふくらはぎにある、

とみています。

ふくらはぎと足裏、ちょっと遠いですが?

はい、そのメカニズムを説明します。

ふくらはぎが硬いと、かかと着地できなくなります。

歩行のときかかと着地できいれば、

踵骨(しょうこつ)という一つの大きな骨がまず最初に地面からの衝撃を引き受けてくれます。

ソース画像を表示

しかし、ふくらはぎが硬いと、

膝が曲がりっぱなしの状態が日常続き、

そうすると、

中足骨前方に、全体重がのる、というストレスが日常かかり続けます。

歩行時は、片足立ちが繰り返されますから、

片方の中足骨前方に全体重がのり続けます。

そうすると、中足骨前方が横に広がり、

親指が内側に入る外反母趾や、

趾付近のツッパリ感、

関節の沈み込み、

趾に力が入らない、

などのいやーな症状に常日頃悩まされることになる、というわけです。

趾トラブルホルダーは、

たいてい土踏まずも硬く、

それは、ふくらはぎの奥の筋肉が硬いことを意味します。

とにもかくにも、

ふくらはぎストレッチが必要です。

なぜ本気でふくらはぎストレッチをやらなんいだ?!(なぜスト)

というわけです。

うーん、今日は、なぜストテーマで終わりそうです(#^^#)

お出かけの時間になってしまいました。

それでは、皆さん、ごきげんようヾ(@°▽°@)ノ

 

 

 

 

Follow me!