おなか(下腹部)を使えないと内転筋(内ももの筋肉)が使えません。内転筋が使えないと脚の外側重心となりヒザがはなれていきます。下腹部をひきしめて骨盤が広がらないようにしましょう。

また、おなかを使わずに腸腰筋(脚と胴体をつなぐ脚揚げの筋肉)もはたらいていないと脚をひきずるような歩き方になりヒザを痛める原因になります。

内転筋と薄筋の接合部分が硬くなるとヒザに違和感を覚えます。

ヒザを伸ばした形のストレッチ(開脚前屈など)を行いましょう。