月曜日は、練馬区の依頼の、シニア体操教室(定員15名)で教えています(@°▽°@)

2014年6月から始めたので、かれこれ、4年近くなります。

始めたばかりの頃は、メニューをどう組み立てようかと悪戦苦闘していましたが、

今では、店舗での施術から得た知識を体操に置き換えて伝える、というスタイルが定着し、

これが、とても好評です。

そしてまた、体操教室での伝え方が店舗でのお客様への伝え方になることもあり、

店舗業務と体操教室の仕事が両輪となってとてもうまく回っています。

今日の教室では、

大殿筋のスイッチをオンにする!というトレーニングに取り組んで頂きました!!

歩くとヒザが痛い場合、というお話から入り、

お尻(大殿筋)がうまく使えていなくてヒザ付近の筋肉に負担が集中してしまうとヒザに痛みが出る場合がありますよ、という説明をしてから、

では、皆さんがどれだけお尻を使えているかチェックしましょう!

とすすめて、

とあるヨガのポーズをして頂きました。

お尻のコントロール力がないとできないポーズです。

皆さん、なかなか、苦心されています(#^^#)

では次にお尻のスイッチをオンにしましょう!

と説明して始めたトレーニングは、

お尻筋トレではなくて、

お尻ストレッチです(o^-‘)b

ほんの1、2分のお尻セルフストレッチのあと、

先ほどのポーズをして頂くと、

さっきよりスムーズにできる!!

とあちこちで声があがり、すごく盛り上がっています(^^)v

ストレッチには、単純に筋肉を伸ばす、という効果だけでなく、

使っていない筋肉をオンにする、という効果があります。

なので、筋肉を伸ばしっぱなしで終わらせるのではなくて、

ストレッチしたら、今までできなかった動作をしてもらうことで、

使えていない筋肉の使い方がわかる、という素敵な効果がついてきます。

短時間ストレッチのあとの動作練習を

筋肉アクティベーション

と名付けましたγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

流行らないでしょうか?

よし、流行らせようヾ(@°▽°@)ノ

Follow me!