腰骨の一つである腰椎4番(おへその裏の骨)は、生殖器系と関連する骨です。

腰椎4番の動きが悪くなると生殖器の機能が鈍り、生理不順や生理痛に悩まされたり、更年期症状が強くでることになります。

腰椎4番の動きが悪くなっている人の特徴は、腰のアーチがなく、肩と頭が前に出て、膝が曲がっている点です。

関連筋のストレッチにより腰のアーチを取り戻すことができれば生理痛からの解放につながります。

腰のアーチは、比較的短期間で取り戻すことが可能です。