今月10日から食事内容の徹底改善を始めてから1週間の

経過報告をしますヾ(@°▽°@)ノ

復習しますと、

私の目標は、

ヴィーガン + グルテンフリー + シュガーフリー + 揚げ物・炒め物フリー

です(°∀°)b

なかなかうまくいってはいますが、

外食で、小魚入りサラダを食べた

実家で桜エビ入り天ぷらを食べた

友人と外食のあといつも立ち寄るクレープ屋さんで小豆入りクレープを食べた

この三点がルール違反となった点です。

なぜルール違反となったかを分析すれば、次回からの改善策が見つかるはずです(°∀°)b

 

さて、以前セミナーに出るなどしてお世話になっていた、日本疼痛リハビリテーション協会の藤井さんから、

新しいメルマガが届き始めました。

藤井さんは、日本体療協会というものを新たに立ち上げたようです。

藤井さんが、ベジタリアンになって治療精度をあげていらっしゃるという話は以前から聞いていますが、

今日のメルマガで、更に興味深いことを提唱していらっしゃいます。

以下抜粋。

治療の結果は 治療技術だけじゃなく

どこが原因で なぜ悪いのか

 一瞬で原因を見抜き 根本治療をするための

リーディング術が必要です。

リーディングは 患者さんの痛みの原因を見つけ

 そこに至るまでの 経緯までも見抜きます。

なぜこれができるように なったのか     もちろん初めから できたわけではありません。    

体療と食事で 日々自分の体を整えて     自分の体のセンサーを 最大限まで高めた結果    

相手を見ただけで     しかも一瞬で     たくさんの情報を 感じ取れるようになれました。    

体療とは、施術者の体質を変化させて治療の効果をあげる、という意味のようです。

 

体療と食事で日々自分の体を整えて

自分の体のセンサーを最大限まで高めた結果、

相手を見ただけで、たくさんの情報を感じ取れるようになりました。

 

↑この部分は、まさに私の理想です。

理学療法士である藤井さんは、病院勤務から独立して京都で整体院を開業されてら、目覚ましい治療成果をあげていらっしゃる方ですが、

食事で体を整える重要さを一早く気づいて実行されているようで、さすがです。

お客さんの痛みの原因を見つけるリーディング力を磨くため、

更に、お客さんの波動を高めるために、私自身が高次元とお客さんをつなぐ媒体となれるように、

日々の積み重ねが大切、

と改めて気づくことができましたヾ(@°▽°@)ノ

Follow me!