スピリチュアルの世界では、

よく、「手放しなさい」

という言葉が使われる一方、

手放し方がわからない、

ということも言われます。

手放しなさい、

と言われると、

個性を捨てなさい

みたいに思えてしまって抵抗があるのかもしれません。

今日はのバシャールでは、「手放す」中身を具体的に言ってもらっているので、

これなら手放せるかもれませんヾ(@°▽°@)ノ

と思えます。

今日のバシャール  ← クリックしてね(o^-‘)b

手放すこととは、

切り替えること

執着心を持たないこと

と言っていますね。

執着とは、「○○すべき」という価値観のようです。

男だから○○すべき

とか、

女だから〇〇すべき

とか、

〇歳までにこれをしておきなさい

とか、

うんぬんかんぬんかんぬんかんぬん

〇〇すべきはいっぱいありますが、

この価値観、いつから自分に刷り込まれましたか?

と客観的に振り返ってみることが、手放すことにつながりそうです。

自分の中に「○○すべき」がいっぱいあると、前に進めなくなる → 停滞する → エネルギーの流れが悪くなる → 新しいエネルギーを受け取れなくなる

というサイクルができあがってしまうようです。

こう考えると、「手放す」とは「○○すべき」で出来上がっている自分を壊すことでもあるので、

手放すことに抵抗がつきまとうことも頷けます。

「手放さずにいる」「手放す」は、個々人の自由ということになりますが、

新しい自分に生まれ変わって、新鮮な発見や気づきがあるから、手放すといいよ、

きっとそれが目的で生まれてきているよ、

とバシャールさんは、そっと教えてくれているようです(o^-‘)b

 

 

 

Follow me!