DRTで新しい発見のある楽しい日々♪

咬筋をさわらずして咬筋をゆるませることができることも発見(*^^)v

DRTでは、施術前に、まず、お客様が違和感を感じていらっしゃるところをさわります。

痛いですよね。

と確認をとります。

その部分が痛いことを、お客様も私も確認します。

今日はR様の右の咬筋を私がさわって痛いことを、R様と私とで確認したことで、R様の右咬筋が痛いことを共通認識しました。

DRTデビューのR様は、強もみ派。

ソフトなDRTの刺激に、

こんなんでいいの? と思いました、

と率直な感想を頂きました(#^^#)

しかし!

アフターDRTにて、

右のここ(咬筋)、痛いですか?

と聞いている私がまず驚きます。

さっきまで存在していたハリが、

ない!

R様も、あれ? 痛くない! それどろか、ふにゃふにゃしている!

とここでまた共通認識に至ります。

ええっ、さわっていたのは背骨なのに、どうしてここまで咬筋がゆるむの?!

と、R様も私の驚いたわけですが、

ここでまた検査の重要性に気づきました。

最初にR様の咬筋をさわって共通認識を作っておかなければ、

折角の心を込めたDRT施術で、何が起きたのか、双方わからないことになってしまいます。

さわっていない咬筋がゆるんだということは。。。?

咬筋以外にも、さわっていない、筋肉、神経、内臓、皮膚など、カラダの至るところでゆるんだところが他にもあるのではないか?

あるに違いない、

という推測も成り立ちやすくなります。

すると、

ゆるむ = 血流がよくなる = 老廃物の回収が行われる = 痛みがなくなる・カラダが軽くなる

ということですから、

DRTってカラダにいいことしているな~

という予測もしやすくなります。

私は、最近、DRT回数券(10回券)を作りました。

なぜ作ったか?

スタンプを押したかったから(爆)

ご来店頂くたびに、「Great!」のスタンプを押します。

カラダにいいことをしたあなたは、Greatなんだよ、というメッセージをこめて(*^^)v

 

 

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

パーソナルトレーナー

腰痛改善トレーナー

シニア応援トレーナー

伊藤 かおり

 

シニア応援ストレッチ 

腰痛改善ストレッチ

 

169-0073

東京都新宿区百人町1-18-11西川ビル301

 

03-6364-0236

 

シニア応援大久保DRTストレッチ整体アゲインには

「百人町、北新宿、西新宿、中野区、杉並区、渋谷区、北区、豊島区、世田谷区、港区、文京区、板橋区、練馬区、大田区、目黒区、印西市、藤沢市、横浜市、稲城市」からもお越し頂いております。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

 

 

 

 

 

 

Follow me!