アゲイン代表

伊藤 かおり(KAORI Itoh)

症状改善のスペシャリスト

性格: 究極の負けず嫌いであったが、最近は調和を求めて精進中

無類の犬好きだが、自分では飼っていない。

長野県出身

武道好きのスポーツ嫌い

健康的で無駄がなく効率的な動作の基本を武道から学ぶ。気が付くと空手の動作をしてしまう。

幼少時は栃木県、群馬県、長野県の野山を駆け回る活発の子供として過ごす。

法政大学法学部法律学科卒業

大学卒業後、法律事務所、不動産会社法務部、法律翻訳など専ら法律関連の仕事に従事する日々を送る。

在宅翻訳者のオタクだった頃に武道にはまり、無理なトレーニングがたたり重度の腰痛を患う。

中国整体、接骨院、鍼灸、カイロプラクティックなどなどの各種治療院を渡り歩くも完治せず。

自力整体、ストレッチ、気功、ヨガなど、自力で腰痛を治す方法を模索し、数々のストレッチ方法を身に着け、ヨガインストラクターの資格も取得して、ヨガを教え始める。

★ パーソナルトレーナー

★ ストレッチマスター

★ マッサージセラピスト

★ MGA認定プロフェッショナルトレーナー

★ 日本ストレッチ技能協会代表理事

★ ストレッチナビ公認専門家コラムニスト

★ 日本予防医学療術協会認定ヨガインストラクタ

★ 社団法人国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)会員

★ IHTA認定1級ヨガインストラクタ

★ 新宿未来創造財団レガス新宿スポーツ登録講師

★ 都内介護予防教室講師

★ 日本コアコンディショニング協会ベーシックインストラクター

★ 日本DRT協会認定マスターインストラクター

★ 極真空手 茶帯

★ 松濤館空手 黒帯

★ 得意分野: 腰痛改善

★ 趣味: セルフストレッチ、読書、瞑想、ブログ作り、YouTube動画作り

★ 保有資格: 宅地建物取引主任者

★ 武道・格闘技歴: 

極真空手、松濤館空手、剛柔流空手、合気会合気道、キックボクシング、太極拳

本当の強さは、柔軟性をベースにした技のスピードと、抜き(脱力)によって可能となる重力の利用により生まれる破壊力である、が持論

上級トレーナー・清水忍先生から解剖学の基本その他多々学び、身体に対する理解の土台を作る。

2012年6月より、PNFストレッチ(レジスタンス運動を組み込んだストレッチ)をメインとしたプライベートストレッチ教室を自宅にて開始する。

「静的ストレッチ」及び「動的ストレッチ」の必要性を感じて、都内のストレッチ研修所4か所にて様々なタイプのストレッチ研修を修了。それらを応用して、独自のパートナーストレッチの数々を生み出す。

2013年7月より新大久保で店舗営業を始める。

施術の効果を最大化するためにマッサージスクールに入学。

カイロプラクティック、関節運動法、タイ古式マッサージ、トリガーポイントマッサージ、筋膜のつながりを理解した上での全体的な施術など、ピンときたセミナーには積極的に参加して手技を深める努力を怠らない。

ストレッチ技研を開催して新技交換・新技発見している。

2014年6月より練馬区の介護予防事業の講師としてシニア体操教室に協力。

2015年4月からストレッチナビの専門家コラムニストとしてコラム執筆を始める。

2015年8月よりお客様のご厚意により店舗を大久保駅前に移転。

2015年10月より翌年3月まで、寺尾夫美子氏よりオーラ療法を習得。

2017年7月より肉眼でプラーナが見えるようになる。

2017年8月 テレビ東京『なないろ日和』にストレッチの達人のとして出演

http://drt-again.com/wp-content/uploads/2020/01/CIMG0876-1-1024x768.jpg

2017年末よりDRT(頸椎調整)の手法を取り入れる。

2018年4月 DRTベーシックインストラクター資格を取得。

2018年6月より静脈整体の手技を取り入れる。

2018年8月より脳波整体を取り入れ、お客様の感情の問題、自律神経の問題などにも切り込み始める。

2018年3月から11月、ドクタードルフィンこと松久正医師の塾に参加し、振動数を高めることと松果体を活性化させることの重要性を学ぶ。

2019年1月 DRTアドバンスインストラクター資格を取得。

2019年4月 DRTマスターインストラクター資格を取得。

2019年12月 第6回DRT研究発表会で登壇(テーマ: 『DRTプレイヤーのカラダの使い方 』 )、「業界のプロ」の間で好評をはくす。

http://drt-again.com/wp-content/uploads/2019/12/1-1024x683.jpg

三菱電機、(株)ランクアップ等の社内誌の健康ページを担当することもある。

【施術方針】

痛みのあるお客様には、まずは痛みを脱却する施術

不眠、不定愁訴など原因が特定しづらく、一般的に薬で対応されてしまう症状に対しては、脳神経系アプローチにより自然治癒力をアップさせる対応

など、多様化する価値にしなやかに対応して、満足度の高い施術を目指している。

お客様の要望・ニーズに鈍感にならないようにメニューをこまめに変更している。

リピート率はほぼ100%

2012年からストレッチ専門店としてパートナーストレッチを提供している当店は、手持ちのセルフストレッチの種類に定評がある。

http://drt-again.com/wp-content/uploads/2020/01/%E6%B3%A2%E5%A4%9A%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%93%E5%86%99%E7%9C%9F1-1024x768.jpg

現在の施術の柱は、エネルギー療法、DRT、クレニアル、パートナーストレッチ、セルフストレッチの伝授

【 代表の想い 】

1. 湿布・痛め止めをもらって「様子をみてください」と言われて、どうにかなりましたか?

2. ○○医大の検査で「異常なし」にもかかわらず、なぜ痛みが続くのでしょうか?

3. 「この痛みとは一生つきあっていくしかない」と洗脳されていませんか?

4. 痛み止めを飲み続ける生活が痴ほう症を招くと知っていますか?

5. 「骨が変形している、すり減っている」と言われたらOUT!と思い込んでいませんか?

6. 筋肉をケアすることで生活の質があがると考えたことはありませんか?

7. 日本に筋肉ドクターがいないことの弊害を考えたことはありませんか?

どこに行っても良くならなかった〇〇がここでやっと治りました。

嬉しい、嬉しい気持ちです。

ここに来ていなかったら今頃杖をついて歩行困難になっているかと思うと思うとぞっとする。私は本当に運がいい。

結果を出すことにフォーカスし続けてきた結果、

お客様からこのような言葉を頂くことが増えました。

お客様の人生に寄与することができて嬉しい限りですが、

私がもっとも嫌うことは現状に慢心することです。

お客様の満足度が高くなってきたら自分の技術はこれで十分と慢心することで、自分自身の成長も止まりますし、対応できないお客様が必ず現れます。

出会うお客様は先生です。

一人のお客様を深く癒すことができれば、その技術は必ず別のお客様にも生かされます。

お客様の立場に立って考える

これが私の方針です。

お客様の立場に立つと、お客様は、背骨調整で治してほしいとか、マッサージで治してほしいとか、ストレッチで治してほしいとは思っていらっしゃいません。

なんでもいいから、この痛みを何とかして欲しい、この違和感を何とかして欲しいと思っていらっしゃいます。

そして、痛みを脱却したお客様は、更なる健康を目指し始めます。

どのステージにいるお客様にも対応できる知識と技術を磨き続けたいと考えています。

肉体的、感情的、精神的、霊的なレベルでお客様に寄与できるよう日々修行を続けております。