久々にあん摩マッサージ指圧師・鍼灸師のT先生の治療院に出かけました。

T先生とは、先生が主催する勉強会に参加させて頂いたことをきっかけで知り合いました。

お年は、70歳近いか、超えているかと思うのですが、

とにかくお元気です。

先生は、月2回の勉強会以外の日で、治療院を休診されることが。。。

ない((((((ノ゚⊿゚)ノ

勉強会ではずっと立ちっぱなしなので(座ると寝てしまうのだとか)

1年中お休みする日がないような。。。

しかも、食事は、一日一食

一日10人前後の患者さんの治療を終えて帰宅されてから

玄米とイワシと野菜の料理を召し上がるそうです。

一日一食さいこー

とおっしゃり、

少食が先生のハードワークを支えているようです。

先生の治療院に出かけると、

食養生のお話をいろいろと伺えるので、それも楽しく、

今回も食養生の知識を頂きましたヾ(@°▽°@)ノ

1. 調味料

先生の調味料は、お味噌とお酢のみで、塩は捨てた? とか。

精製塩がよくないことは聞いていましたが、

塩ごと捨ててしまうとは((((((ノ゚⊿゚)ノ

塩分が足りているかどうかは、自分の額の汗をなめてみればわかる、とか。

でも、先生もおすすめする塩は、ミネラル豊富な沖縄のぬちまーすだそうです。

2. 腎臓対策食材

腎臓の弱りから、すい臓、肝臓にすすむので、腎臓対策が大切とのことで、

おすすめ食材は、スイカ!

今が旬のスイカをいっぱい食べましょうヾ(@°▽°@)ノ

3. 油

油料理をしない、は先生も私も共通の食習慣のようです。

先生は、イワシをフライパンで焼いて、途中でホウレンソウなどの野菜を投入、味付けなしで召し上がるそうです。

4. よく噛む

玄米をどろどろになるまでよく噛むことが先生の習慣です。

5. 肉を食べない

現在の先生は、玄米と野菜と魚があれば十分とのことで、

お弟子さんと焼き鳥屋さんに行かれても、肉なしの野菜串刺しだけを焼いてもらうそうです。

以上、T先生の食養生を紹介しましたヾ(@°▽°@)ノ

 

Follow me!