かれこれ3年間担当しているストレッチナビコラムのデスクから

今後のコラムのテーマとして、

これからパーソナルトレーナーになりたい人に向けたコンテンツ配信

とか、

ストレッチトレーナーとしての成功の秘訣コラム

を依頼されて、

ばいやーーーー!!!

((((((ノ゚⊿゚)ノ  ((((((ノ゚⊿゚)ノ  ((((((ノ゚⊿゚)ノ

こっ、こっ、こっ、これはかなり手ごわいテーマです( ;∀;)

そこで、考えざるをえなくなったことは、

私って何者なんだろう?

ということ。

いまさら〜(*’▽’)

ストレッチトレーナーと名乗ろうとしたこともありましたが、

これを名乗ると、その名称を商標登録しているストレッチ業界の大御所からお小言がくる、と聞いていたので、

なんとなくやめていて、

ストレッチプレイヤーかな〜、

とか、

時々「セラピスト」と名乗ってみたり、

整体師かな、

いやいや

DRTプレイヤーという呼び名もあるらしい、

とか、

なんとなく曖昧になっていたことに気づきました。

そういえば、

歩行困難になりかけていた70代のお客様が私のストレッチをうけてさくさく歩けるようになって感激してくださったとき、

これからの時代は整形外科にいくよりトレーナーをつけることだ、

と力説されていたことを思い出しました。

お客様は私をトレーナーとみている、

そして、

整形外科よりトレーナー。。。

トレーナーの価値ってすごいですね。

よし、もう迷わない!

私は、トレーナー。

お客さんお一人お一人の願望に向き合うパーソナルトレーナー。

これからパーソナルトレーナーを目指す人に、

この仕事ってごいすー素晴らしい仕事ですよ

と言えるように

ごいすー努力します。

手始めに、

トレーナーっぽい店舗名とHPヘッダーを考えてみました(o^-‘)b

私が目標とするトレーナーは、

対応できないお客様がいないトレーナー、です。

パートナーストレッチのみしかできなかった時代

次はマッサージしてね、

と言われて、あわててマッサージスクールに入りました。

ストレッチに加えてマッサージができると対応できるお客さんが増えましたが、

がんを患っている人、

原因がよくわからない頭痛持ちの子供、

運動を禁じられている難病の人、

ダイエットで挫折している人、

何をしてもよくならない腰痛の人、

などなど、私の対応力の超えたお客さんに出会い、力不足を感じました。

今ではDRTがあるので対応力は増しましたが、

お客様の満足度をあげるにはまだ足りないものがあると感じています。

人生修行ですね。

 

 

Follow me!