ボヘミアン・ラプソディーが、ゴールデングラブ賞の映画部門で最優秀作品賞を受賞したそうですγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

グラミー賞を受賞するかも、という可能性まで出てきていますヾ(@°▽°@)ノ

実は、私は、とうとうこの映画を4回鑑賞し、

家では、常にクィーンの音楽が流れているという日常になってしまいました(*^.^*)

クィーンミュージックの音の魅力、音の力はパワフルです。

そして、クィーン映画大ヒットのこのタイミングで、

映画の音楽プロデュースも担当された、クィーンメンバーのブライアンが、

なんと、

辺野古埋め立て工事中止の呼びかけを求めるホワイトハウス請願署名を呼び掛けてくださっているとのこと。

関連記事  ← クリックしてね。

日本政府は、完全に世界的潮流に逆らって狂奔していますね。

外国の民間人までも、

おかしい、

と感づいている。。。。

影響力のある人がこうしてまともな発言をしてくださることは、

本当にありがたいことですが、

外圧がないと動かないところまできている日本政府って、

いったいどこの国の政府なのでしょうね。

何かを焦っている。。。

物事を拙速にすすめないとやばいことになってしまう。。。

時間切れになることを恐れている。。。

そんな恐怖の感情が日本政府を取り巻いている気がします。

2019年は、2018年にも増して世界的に波乱の年になるでしょうが、

日本のマスコミを見ていると、

それがまったく伝わってこないことが空恐ろしい。

むしろ、大切なことを国民から隠そうとしている。

こうなってくると、政府、マスコミは、国民の敵ですね。

ネットで真実の情報を拾えない高齢者は、まさにつんぼさじきです。

真実を知りながらも、明るく希望を諦めない年にしたいと、

個人的には思っています(^_^)v

 

 

 

 

 

Follow me!