猫カフェで第三の目のある猫(アージュニャー)に出会ってから、

ふと気が付いたことがあります。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

↑ 先日、私の足元で昼寝を始めたアージュニャーらしきロシアンブルー。

あっ、猫カフェ通いがばれそう ((((((ノ゚⊿゚)ノ

って、もうばれています(*^.^*)

そうそう、それで、アージュニャーをきっかけに気が付いたことなのですが、

私にも、第三の目がある、

というか、

第三の目の位置に、ケガの傷跡があるのです。

ハイハイしていた頃なのか、私には記憶のない幼少のときに、母の裁縫の作業台の脚の出っ張りに額をぶつけたそうです((+_+))

子供のときは、この傷跡が結構目立っていて、

自分では、この傷跡がとてもいやで、

前髪で見えないように、いつも気を使っていました。

成長して、額の傷跡も薄くなり、

気にすることがまったくなくなって何年も過ごしていたのですが、

アージュニャーとの出会いをきっかけにふとこの額の傷跡に気が付いたのです。

今でも、うっすらあります。

そして、私の幼少期を振り返ると、

とても頭の良い子と周囲から言われていたそうです。

傷跡が薄まるとともに、頭の良さも薄れていったという噂もありますが(*^.^*)

もしかして、第三の目の位置をケガすることで、何等かの才能が開花したのだろうか?

などと予想してみたのです。

そう考えると、この傷跡、まんざら悪くない、なんて思えます。

この傷跡の位置を頼りに、

第三の目を開く修行をしていけばいいのだ、と気づいたのでした。

 

さて、今日は、博報堂の方と仕事の打ち合わせがあります!

また新しい展開のありそうな、ワクワクする仕事ですヾ(@°▽°@)ノ

この仕事を紹介してくださったOさんとは、出会ってからかれこれ3年経ちますが、

今の私があるのはOさんのお陰といっても過言でないほどお世話になっている方で、

アゲインのプロデュースに尽力して頂いた方です。

Oさんと出会ったのは、3年前、3日のつもりのジュース断食を一週間続けた直後でした。

そこから、私の仕事が以前とはくらべものにならないほど展開していったのですが、

今振り返ると、

断食で波動があがったタイミングでのOさんとの出会い → 仕事の展開であったと思います。

波動って、やはり、すごく重要ですね。

 

 

 

 

Follow me!